性奴隷をあなたのお部屋へ >安全上の注意
 

 

 

安全上の注意


安全上の注意


 

アジアンスレーブエスコートでは、お客様と奴隷嬢が充実した楽しい時間をお過ごしいただけるように努めています。事故や怪我を防ぐため、以下の安全上のルールをぜひ遵守ください。

不運にも事故が起きた場合は、ただちに医療機関への手配をとると同時に、当社までご連絡ください。またこれらの事故に関する医療費についてはお客様のご負担となります。

事故が決して起きませんよう、くれぐれも注意して、すばらしい時間をお過ごしください。
当社の奴隷奴隷サービスでは、軽~中程度のSMプレイのみの提供となります。重レベルのプレイはご遠慮いただいておりますので、どうぞご了承ください。

 

 セーフティワード/セーフティサイン

国際的に認められているセーフティワードは「メイデイ(Mayday)」、セーフティサインは「頭を振る」です。

もし奴隷嬢が「メイデイ」と言った場合、彼女が現在のプレイに耐えられないという意味です。ご主人であるお客様は、ただちにプレイを中止し原因を探ってください。

例えば、叩くプレイの最中であったりホットワックスやその他の拷問プレイの最中であれば、これらのプレイをただちに中止してください。もし奴隷嬢が口を塞がれている場合は、塞いでいる用具をすぐに外し何が問題なのか尋ねてください。プレイがハードすぎるのか、またはプレイそのものは問題なくても縛られた腕が痺れてひどく痛んでいたり、原因はさまざまです。

 

 お仕置きの限界

叩く・平手打ちなどのプレイ、痛みをともなうお仕置きプレイは、奴隷嬢にとって肉体的にも精神的にも大きな負担となります。とくに痛みの許容度の低い嬢についてはなおさらです。こうしたプレイについては、1日のうち1度にとどめてください。

私どもが派遣する奴隷嬢は、実生活では学生であったり会社員であったりするごく普通の女性たちで、ほとんどの者は強すぎるお仕置きにはなじめません。叩いた後がわずかに赤くなり少し熱をもつ程度にとどめて、それ以上になることのないように手加減をしてください。痛みの許容度の低い嬢はこの程度でも無理ですし、一方で許容度の高い嬢はこれよりももうほんの少し強めでも耐えられます。

傷になるほどのお仕置きは禁止です。

重レベルのプレイをお望みの場合は事前に必ずご相談ください。

プレイ中は常に奴隷嬢の安全に気を配り、セーフティワードとセーフティサインを忘れないようにしてください。

乳首挟みなどのプレイ:こうしたプレイは奴隷嬢の乳首がどれだけ痛みに対して繊細かによって、許容度が変わってきます。通常、女性の乳首は男性と比べて繊細です。クランプ・洗濯ばさみなどを使用する場合は、その強度に気をつけてください。装着中、また外す際にもご注意ください。クランプを引っ張ったり錘をつけたりする場合は、セーフティワード・セーフティサインを忘れないでください。

鞭打ちのプレイ:鞭打ちプレイに使われる鞭はSMプレイ用に作られた専用のものをご使用ください。本物の鞭、ほうきやモップなどの持ち手、ハンガーなどの日用具で代用することは禁止です。

 

 時間についてのルール

一般的に、SMプレイは1セッションが40分を超えることはありません。1セッションごとに必ず休憩を20分以上とってください。

ただしセッションの適度な時間は、プレイの内容、奴隷嬢の痛みの許容度などで変わってきます。ロールプレイなど軽いプレイの場合は、少し長い時間でも大丈夫でしょう。

痛みをともなうお仕置きプレイの場合はセッションが10分以上にならないようにし、また1日あたり1セッションにとどめます。

 

 コンドームの使用について

ペニス、指、おとなのおもちゃ、器具などを使って性行為をする場合、挿入前に必ずコンドームを装着してください。鋭利なもの、市販品でないおとなのおもちゃなどは、使用禁止です。

また必ず爪を短く切り清潔にしてください。お客様の髭が女性の体を傷つけることがございます。ぜひプレイ前にお剃りくださるようお願いいたします。

 

 針を使ったプレイについて

使い捨ての鍼灸用の針のみ使用可能としています。

 

 食事と睡眠について

お客様は、奴隷嬢の食事(朝食、昼食、夕食)について定刻にご用意ください。もしプレイが深夜におよぶ場合は夜食についてもご用意ください。SMプレイにおいては飲料水は必須です。とくに痛みをともなうプレイでは忘れないように用意してください。ラテックスやゴムのボンデージ衣装を身に着けているときは、脱水症状になりやすいため、30分ごとに飲料水をとってください。

注意:アルコール類はプレイ中にお客様がお飲みになったり、また奴隷嬢に飲ませたりしないでください。大変危険です。

 

 写真・ビデオ撮影について

写真やビデオの撮影を楽しまれるお客様が増えております。当方でも奴隷嬢にぜひ協力するよう要請しております。彼女たちが喜んで撮影をお受けできるよう、以下のルールをお守りください。

1.撮影前には必ず彼女に知らせてください。そしてそれはお客様だけの個人鑑賞用であることを約束してください。

2.もし彼女が気にする場合は顔を避けて撮影してください。

3.撮影後には撮影したものを彼女に見せてください。もし彼女が気にする場合はその場で消去してください。

4.もし彼女が欲しがる場合はコピーをあげてください。

5.契約で撮影不可となっている場合は撮影できません。

 

 サービスの範囲について

奴隷嬢の安全のため、私どもでは確認できない住所(道路上、レストラン、ホテルのロビーなど)には派遣できません。サービスはお客様のご自宅か5つ星等の信頼おけるホテルの客室に限らせていただいております。従いまして、事前にお客様のご自宅住所・電話番号、またはホテルの部屋番号をお知らせいただく決まりとなっております。

 

 電話連絡について

私どもの安全管理・対策として、お客様の元へ到着した時と退出するときに、奴隷嬢に当社への電話連絡を義務付けております。ご協力をお願いいたします。

契約が1週間以上の長期になる場合は、週に1回以上の連絡ができるようにご協力ください。

 

 

 

 


弊社について | 性奴隷貸します | 利用料金 ご利用方法 | 安全上の注意 | FAQ | お申し込み | ギャラリー |


Asian Slave Escorts
Copyright (C) 1994  [Asian Slave Escorts]  All Rights Reserved